BRCA変異陽性の乳がんの乳房温存療法後の乳房内再発腫瘍再発リスク

  乳がん

Nara M et al. Breast Cancer. 2022. PMID: 35212965
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/35212965/


・BRCA変異陽性乳がんでは、乳房温存手術と術後放射線治療後の同側乳房内腫瘍再発は増加するか?
・システマティックレビュー/メタアナリシス

<背景>
・限局性の小さな乳がんでは、乳房温存手術(BCS, breast-conserving surgery)が多くの場合好まれるが、BRCA変異陽性の患者では、乳房温存手術(BCS)の安全性と有効性に関しては依然として議論がある。
・今回のメタアナリシスの目的は、BRCA変異陽性とそれ以外の患者で、乳房温存手術(BCS)後の同側乳房腫瘍再発(IBTR, ipsilateral breast tumor recurrence)に違いがあるかを評価すること。

<方法>
・PubMedを用いて、BRCA変異陽性群とコントロール群の乳房温存手術(BCS)後の同側乳房腫瘍再発(IBTR)を比較した研究を検索した。
・Cochrane risk-of bias toolを用いてバイアス・リスクを評価した。
・Random-effects modelを用いて、リスク比(RR, risk ratio)を算出した。

<結果>
・13研究を組み入れ、BRCA変異陽性例 701例、コントロール 4,788例を解析した。
・メタアナリシスにおいて、コントロール群と比較して、BRCA陽性患者では同側乳房腫瘍再発のリスク上昇が認められた(RR 1.589, 95% CI 1.247-2.024, p<0.001)。
・サブグループ解析において、経過観察期間が長いほど、BRCA陽性患者の同側乳房腫瘍再発(IBRT)リスクの上昇が認められた(経過観察期間 7年以上 RR 1.505, 95% CI 1.184-1.913, 10年以上 RR 1.601, 95% CI 1.201-2.132)。
・しかしながら全生存の解析では、乳房温存手術が行われた患者の全生存の悪化を示唆する結果は認められなかった。

<結論>
・今回の研究結果からは、BRCA変異陽性患者では、乳房温存手術後の同側乳房腫瘍再発(IBTR)リスクが高いことが示され、このリスクの上昇は長期間にわたり持続し、経過観察期間が長くなるにつれその差がはっきり現れることが示された。

LEAVE A COMMENT