EGFR遺伝子変異陽性非小細胞肺がんーチロシンキナーゼ阻害剤+放射線治療 vs. チロシンキナーゼ阻害剤単独ー

  非小細胞肺がん

Wang XS et al. J Natl Cancer Inst. 2022. PMID: 35094066
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/35094066/

・EGFR遺伝子変異陽性非小細胞肺がん、同時性少数転移(オリゴ転移)
・チロシンキナーゼ阻害剤+放射線治療 vs. チロシンキナーゼ阻害剤単独
・ランダム化試験、SINDAS trial、中国


<背景>
・非小細胞肺がん(NSCLC, non-small cell lung cancer)において、全身療法へ放射線治療(RT, radiotherapy)を追加することにより、無増悪生存(PFS, progression-free survival)および全生存(OS, overall survival)が改善する。
・SINDAS試験ではEGFR変異陽性の非小細胞肺がんの少数転移(オリゴ転移)に対しチロシンキナーゼ阻害剤の投与を行い、一次治療に放射線治療を加える群(up-front RT群)とチロシンキナーゼ阻害剤単独にて治療を行う群(no RT群)にランダム化した。
・今回、68%の症例が集積された時点での中間解析結果を報告する。

<方法>
・組入基準:脳転移のない非小細胞肺がん、生検によりEGFR遺伝子変異陽性の腺がん、同時性(新規に診断され、治療歴のない)少数転移(5個以下、1臓器に2病変以下)。
・全例に対し第1世代のチロシンキナーゼ阻害剤(TKI, tyrosine kinase inhibitor)(ゲフィチニブ、エルロチニブ、イコチニブ)の投与を行った。
・患者を放射線治療を行わない群(no RT群)と放射線治療を行う群(全ての転移病変および原発巣/転移リンパ節に対し、サイズや部位に応じて25-40Gy/5回)(RT群)にランダム化した。
・主要評価項目:無増悪生存(PFS, progression-free survival)。

<結果>
・2016年ー2019年、合計で133例(no RT群 65例、RT群 68例)が登録された。
・経過観察期間中央値は23.6ヶ月。
・無増悪生存期間中央値は no RT群 12.5ヶ月、RT群 20.2ヶ月(p<0.001)。
・全生存期間中央値は no RT群 17.4ヶ月、RT群 25.5ヶ月(p<0.001)。
・グレード5のイベントは認められず、RT群でのグレード3/4肺臓炎の発生率は6%であった。
・予め予定していた中間解析の有効性結果から、試験の早期中止が勧告された。

<結論>
・EGFR変異陽性非小細胞肺がん、少数転移(オリゴ転移)患者において、第1世代のチロシンキナーゼ阻害剤単独治療と比較して初期治療に放射線治療を加えることにより無増悪生存および全生存の改善効果が示された。


LEAVE A COMMENT