限局期小細胞肺がんに対する同時化学放射線療法へのデュルバルマブ追加

  小細胞肺がん

Park S et al. Eur J Cancer. 2022. PMID: 35500460
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/35500460/

・限局型小細胞肺がんに対する化学放射線療法へのデュルバルマブの追加
・第2相試験(NCT03585998)。


<背景>
・限局型小細胞肺がん(LS-SCLC, limited-stage small-cell lung cancer)に対する現在の標準治療は同時化学放射線療法(CCRT, concurent chemoradiotherapy)

<対象と方法>
・今回の単アーム第2相試験では、限局型小細胞肺がん(LS-SCLC)に対し、シスプラチン、エトポシド、デュルバルマブを3週毎、4サイクル投与した。
・胸部放射線治療(52.5 Gy/25回、1日2回)を免疫化学療法の第3サイクルより開始した。
・同時化学放射線療法(CCRT)とデュルバルマブの同時併用後、地固め療法としてデュルバルマブを4週毎、最大2年間投与した。
・予防的全脳照射(PCI, prophylactic cranial irradiation)を推奨した。

<結果>
・51例が登録され、50例をfull analysis setに組み入れた。
・経過観察期間の中央値26.6か月、無増悪生存期間の中央値は14.4か月(95% CI 10.3-NA)、24か月無増悪生存割合は42.0%であった。
・全生存期間の中央値は未到達、24カ月全生存割合は67.8%であった。
・PD-L1陰性群(20例)と比較して、PD-L1陽性群(22例)で無増悪生存(HR 0.70; 0.31-1.58)や全生存(HR 0.64; 0.22-1.84)は良好ではなかった。
・予防的全脳照射(PCI)の適格例43例において、予防的全脳照射が行われて患者(22例)では、予防的全脳照射が行われなかった患者(21例)と比較して、初期再発として脳転移再発をきたす割合が少なかった(13.6% vs. 42.9%, p=0.033)
・グレード3-4の有害イベントは認められたものの、適切な支持療法を行うことによりマネージメント可能であった。

<結論>
・限局型小細胞肺がん(LS-SCLC)において、同時化学放射線療法へのデュルバルマブの追加の臨床的有効性は有望で、安全性プロファイルも認容可能な範囲のもので、ランダム化試験による確認が望まれる。

LEAVE A COMMENT