乳がん>乳房切除術後放射線治療>寡分割照射

 

乳がん>乳房切除術後放射線治療>寡分割照射


Mignot F et al. Int J Radiat Oncol Biol Phys. 2021. PMID: 34963557 (記事
・乳がんに対する寡分割照射(26Gy/6回/5週間)による乳房切除術後放射線治療;10年成績、フランス。
・10年時点で、累積局所領域再発率は15.1%。 ・多変量解析にて、領域リンパ節転移の数(4個以上)の患者では局所領域制御(HR 1.68, 95% CI 1.06-2.67, p=0.03)および 全生存(HR 2.16, 95% CI 1.59-2.95, p<0.001)が不良。
・毒性は許容範囲で、心不全発生率は3.3%、症候性肺線維症発生率 1.5%、10年時点で累積リンパ浮腫発生率は9.5%、20例(4.4%)は高度/重篤。
<結論>寡分割照射(26Gy/6回/5週間)による乳房切除術後放射線治療(PMRT)は安全に治療可能な様子であるが、これまで報告されている文献の成績と比較すると局所領域再発がやや多い様子。


<< 乳がん>乳房切除術後放射線治療