乳がん>乳房温存術後放射線治療>非浸潤性乳管がん>vs. 乳房切除術>若年者

 

乳がん>乳房温存術後放射線治療>非浸潤性乳管がん>vs. 乳房切除術>若年者


Chien JC et al. Breast. 2022. PMID: 35299032 (記事
・若年の非浸潤性乳管がん(DCIS, ductal carcinoma in situ)に対する局所治療
・乳房温存手術単独 vs. 乳房温存手術+放射線治療 vs. 乳房切除術
・システマティックレビュー/メタアナリシス
・50歳以下の若年者の非浸潤性乳管がん(DCIS)において、乳房温存手術単独と比較して、乳房温存手術+放射線治療後の同側乳房腫瘍再発率(IBTR, ipsilateral breast tumor recurrence)が低かった(HR 0.66, 95% CI 0.50-0.87)。
・しかしながら、超若年者では、乳房温存手術後の放射線治療による同側乳房内腫瘍再発(IBTR)の減少効果ははっきりしないものであった(40歳以下;HR 0.82, 95% CI 0.48-1.39, p=0.31)
・乳房温存手術後の放射線治療による、同側乳房内浸潤性再発の有意な減少効果は認められなかった(HR 1.38, 95% CI 0.98-1.94)
・対して、乳房切除術後の同側腫瘍再発が最も少なく(乳房温存手術+放射線治療 vs. ; HR 4.4, 95% CI 2.06-9.40)、同側乳房非浸潤性乳管がん(DCIS)の再発および浸潤性乳がんの再発、いずれも少なかった。


<< 乳がん>乳房温存術後放射線治療>非浸潤性乳管がん