併用薬剤>サイクリン依存性4/6阻害剤>放射線治療歴

 

併用薬剤>サイクリン依存性4/6阻害剤>放射線治療歴


Norman H, et al. Clin Breast Cancer. 2021. PMID: 34419350

・進行期乳がん;骨に対する放射線治療後のパルボシクリブ(palbociclib)に伴う骨髄抑制の発生率と重症度
・後ろ向き研究、米国
・対象と方法:単施設、後ろ向きコホート研究。
・2015-2019年、進行期乳がんに対しパルボシクリブ投与が開始された女性を
・パルボシクリブ開始前1年以内に骨転移に対する緩和的放射線治療が行われた女性を解析した。
・主要評価項目:パルボシクリブ投与第1サイクルの期間の骨髄抑制の発生率と重症度。
・副次評価項目:治療中断、第2サイクルでの用量減量。
・結果:247例のうち、47例に対し骨転移に対する放射線治療が行われていた。
・骨転移に対する放射線治療の既往がある患者では、パルボシクリブ第1サイクル後のリンパ球数(ALC, absolute lymphocyte count)が少なかった(0.84 vs. 1.10 K/mm3, p<0.001)
・好中球、貧血、血小板減少は、骨転移に対する放射線治療歴の有無により有意差を認めなかった。
・10分割以上の放射線治療歴のある患者では、短期の放射線治療が行われた患者と比較して、第1サイクルの中断を要する頻度が高かった(42.9% vs. 11.1%, p=0.03)
・放射線治療の因子と他の血液毒性や用量減量との有意な関連性は認められなかった。
<結論>パルボシクリブ投与前1年以内の骨転移に対する放射線治療と、パルボシクリブ投与第1サイクル後のリンパ球数減少との関連が認められたものの、好中球減少や貧血、血小板減少との関連性は認められなかった。


<< 併用薬剤>サイクリン依存性4/6阻害剤