前立腺がん>ホルモン療法併用>vs. 放射線治療単独

 

前立腺がん>ホルモン療法併用>vs. 放射線治療単独


【NRG/RTOG 9408】 Jones CU, et al. Int J Radiat Oncol Biol Phys. 2021. PMID: 34481017

・前立腺がんに対する放射線治療に短期間のホルモン療法(アンドロゲン抑制療法)を併用することによるベネフィット
・ランダム化試験、NRG/RTOG 9408
・目的:前立腺がんに対する放射線治療へ短期間のホルモン療法(アンドロゲン抑制療法)を併用することにより、長期の治療成績を改善するかを評価すること。
・対象と方法:NRG/RTOG 9408試験(1994-2001年)において、北米212施設より2028例の前立腺がん(T1b-T2b, N0, PSA <20 ng/mL)が登録され、放射線治療単独群と放射線治療と短期ホルモン療法併用群にランダム化された。
・層別化:PSA値、腫瘍のグレード、手術によるリンパ節転移評価 vs. 臨床的リンパ節転移評価
・ホルモン療法(アンドロゲン抑制療法):フルタミド + ゴセレリン/リュープリンのいずれかを4ヶ月間投与した。
・放射線治療(66.6 Gy)をホルモン療法開始2ヶ月後より開始した。
・結果:生存例の経過観察期間(中央値)14.8年(0.16-21.98年)
・全生存割合(放射線治療単独 vs. ホルモン療法併用):10年 56% vs. 63%、18年 23% vs. 23%(HR 0.94, 95% CI 0.85-1.05, p=0.94)(ハザードの比例性は保たれていなかった, p=0.003)
・18年時点での平均生存期間は、放射線治療単独群 11.3年、ホルモン療法併用群 11.8年
・前立腺がん特異的死亡割合(放射線治療単独 vs. ホルモン療法併用):10年 7% vs. 3%、18年 14% vs. 8%(HR 0.56, 95% CI 0.41-0.75, p<0.01)
・18年時点で、遠隔転移発生割合や生化学的再発率は、ホルモン療法併用群で低かった。
・晩期肝毒性(Grade 3+):放射線治療単独 1%以下、ホルモン療法併用 1%以下
・晩期消化管毒性(Grade 3+):放射線治療単独 2%、ホルモン療法併用 3%
・晩期生殖器泌尿器毒性(Grade 3+):放射線治療単独 5%、ホルモン療法併用 8%
<結論>15年程度の長期経過観察ののち、4ヶ月間のホルモン療法(アンドロゲン抑制療法)の併用による6ヶ月程度の生存期間の延長効果が認められた。


<< 前立腺がん>ホルモン療法併用