前立腺がん>去勢抵抗性前立腺がん>免疫チェックポイント阻害剤>体幹部定位放射線治療

 

前立腺がん>去勢抵抗性前立腺がん>免疫チェックポイント阻害剤>体幹部定位放射線治療


Kwan EM, et al. Eur Urol. 2021. PMID: 34493414

・遠隔転移を有する去勢抵抗性前立腺がん(CRPC, castration-resistant prostate cancer)に対するアベルマブ(avelumab)と体幹部定位放射線治療(SABR, steraotactic ablative body radiotherapy)の併用療法
・第2相試験、ICE-PAC trial、オーストラリア
・背景:遠隔転移を有する去勢抵抗性前立腺がん(CRPC)に対する免疫チェックポイント阻害剤(ICI, immune-checkpoint inhibitor)単独治療の湯構成は中等度のものです。
・高線量の放射線治療とチェックポイント阻害剤の併用により相乗効果が認められる可能性があります。
・目的:遠隔転移を有する去勢抵抗性前立腺がんに対するPD-1阻害剤(アベルマブ)と体幹部定位放射線治療併用の有効性と安全性を評価すること。
・対象と方法:2017年11月-2019年7月、今回の前向き第2相試験に31例の、抗アンドロゲン治療後に増悪を認める遠隔転移を有する去勢抵抗性前立腺がん患者を登録した。
・経過観察期間(中央値)は18.0ヶ月
・治療介入:アベルマブ 10 mg/kgを2週毎、24週間静脈投与を行った(12サイクル)。アベルマブ投与1回目と2回目の投与5日前以内に、1部位または2部位に対し、体幹部定位放射線治療(20 Gy/1回)を照射した。
・主要評価項目:病勢制御割合(DCR, disease control rate);完全奏効 / 部分奏効 または 6ヶ月以上の不変 / 非完全奏効 / 無増悪と定義した(Prostate Cancer Clinical Trials Working Group 3-modified Response Evaluation Criteria in Solid Tumours version 1.1)
・副次評価項目:客観的奏効割合(ORR, objective response rate)、画像的無増悪生存(rPFS, radiographic progression-free survival)、全生存(OS, overall survival)および 安全性。
・結果:31例の男性が登録された(年齢 [中央値] 71歳)
・71%の患者では2ライン以上の去勢抵抗性前立腺がん治療の既往があり、81%の患者では>5個の遠隔転移が認められた。
・病勢制御割合(DCR):48%(15/31例, 95% CI 30-67%)
・客観的奏効割合(ORR):31%(5/16例, 95% CI 11-59%)
・放射線治療非照射部位の客観的奏効割合:33%(4/12例, 95% CI 10-65%)
・画像的無増悪生存期間(中央値):8.4ヶ月(95% CI 4.5-未到達)
・全生存期間(中央値):14.1ヶ月(95% CI 8.9-未到達)
・治療関連有害イベント(Grade 3-4)が6例(16%)に認められ、3例(10%)では高用量ステロイド治療を必要とした。
・血漿中のアンドロゲン受容体の変異が不良な病勢制御割合と関連していた(22% vs. 71%, Fisher’s exact test)。
・今回の研究の限界は、登録患者数が少ないこと、比較対照群(コントロール群)がないこと。
<結論>治療抵抗性の遠隔転移を有する去勢抵抗性前立腺がんに対するアベルマブと体幹部定位放射線治療(SABR)の併用療法による有効性は有望で、毒性は許容範囲のものであった。


<< 前立腺がん>去勢抵抗性前立腺がん>免疫チェックポイント阻害剤