前立腺がん>小線源治療>高線量率小線源治療>外照射併用>後ろ向き研究

 

前立腺がん>小線源治療>高線量率小線源治療>外照射併用>後ろ向き研究


Makino T, et al. Int J Clin Oncol. 2021. PMID: 34494172

・局所進行 / リンパ節転移陽性前立腺がんに対する外照射と高線量率小線源治療の併用療法
・後ろ向き研究、日本
・背景:局所進行前立腺がんに対する標準治療は確立されていません。
・今回の研究では、局所進行 / リンパ節転移陽性前立腺がんに対する外照射(EBRT, external beam radiotherapy)と高線量率小線源治療(HDR-BT, high-dose rate brachytherapy)の併用療法の長期成績と毒性を評価しました。
・方法:前立腺がんに対し高線量率小線源治療と外照射併用療法が行われ、2年以上経過観察された患者152例を評価した。
・高線量率小線源治療:19 Gy/2回 および 13 Gy/1回
・いずれも外照射(46 Gy/23回)と併用した。
・超高リスクの病変に対しては長期ホルモン療法(アンドロゲン抑制療法)を併用した。
・結果:経過観察期間(中央値)59.7ヶ月(24.4-182.1)ヶ月
・前立腺がん特異的生存割合:99.0%、5年無再発生存割合:91.8%。
・前立腺がんに伴う死亡は2例のみであった。
・放射線治療前のPSA値(pre-RT PSA) >0.5 ng/mL(p=0.008)、リンパ節転移陽性(p=0.017)で5年無再発生存割合が不良であった(5年無再発生存割合:pre-RT PSA >0.5 ng/mL 77.1%、リンパ節転移陽性 68.1%)
・多変量解析にて、放射線治療前のPSA値(HR 4.68, 95% CI 1.39-15.67, p=0.012)、リンパ節転移陽性(HR 4.70, 95% CI 1.24-17.74, p=0.022)が独立した再発の予測因子であった。
・5年累積Grade 2+毒性発生割合:生殖器泌尿器毒性 15.4%、消化管毒性 1.3%
<結論>局所進行 / リンパ節転移陽性前立腺がんに対する外照射と高線量率小線源治療の併用療法と長期ホルモン療法(アンドロゲン抑制療法)の併用後の病勢制御は有望なもので、毒性は許容できるものであった。

 


Hjälm-Eriksson M, et al. Acta Oncol. 2021. PMID: 34498986

・前立腺がんに対する高線量率小線源治療と外照射の併用療法
・後ろ向き研究、スウェーデン
・目的:1998-2010年に前立腺がんに対し高線量率小線源治療(HDR-BT, high-dose-rate brachytherapy)と外照射(EBRT, external beam radiotherapy)の併用にて治療された2,387例の治療成績を報告すること。
・対象と方法:単施設、後ろ向き研究。
・平均年齢 66歳、54.7%は(Cambridge prognostic group, CPG)高リスク前立腺がんであった。
・放射線治療:外照射(50 Gy/25回)+ 高線量率小線源治療(20 Gy/2回)へホルモン療法(CAB, combined blockade)を併用した。
・経過観察期間(中央値)10.2年。
・結果:10年累積前立腺がん特異的死亡割合 5%(95% CI 4-6)
・10年累積前立腺がん特異的死亡割合:低リスク 0.4%、中リスク(favorable)1%、中リスク(unfavorable)4.3%、高リスク(favorable)5.8%、高リスク(unfavorable)13.9%。
・10年前立腺がん特異的再発割合:16.5%。
・10年前立腺がん特異的再発割合:低リスク 2.5%、中リスク(favorable)5.5%、中リスク(unfavorable)15.9%、高リスク(favorable)15.6%、高リスク(unfavorable)38.99%。
・前立腺がん特異的再発が399例に認められ、これらのうち15%に局所再発が認められた。
・局所再発発生割合:1.2%
<結論>前立腺がんに対する外照射と高線量率小線源治療の併用療法後の長期生存成績は良好で、局所制御は非常に良好であった。再発が認められた男性に局所再発割合が少ないことから、治療時に微小な転移が存在していたことが示唆され、転移病変を検出するための方法を改善する必要がある。


<< 前立腺がん>小線源治療>高線量率小線源治療>外照射併用