前立腺がん>救済放射線治療>Persistent PSA>後ろ向き研究

 

前立腺がん>救済放射線治療>Persistent PSA>後ろ向き研究


Milonas D, et al. Clin Transl Oncol. 2021. PMID: 34453699

・前立腺がんに対する根治的前立腺全摘除術後の persistent PSAに対する救済放射治療
・後ろ向き研究、リトアニア
・目的根治的前立腺全摘除術後の persistent PSA患者に対する早期救済放射線治療の影響を評価すること。
・方法:高リスク前立腺がんに対する根治的前立腺全摘所術施行後4-8週後にPSAが<0.1 ng/mLとなった患者(検出不能)と 0.1 ng/mL以上(persistent PSA)の患者を同定した。
・結果:根治的前立腺全摘除術が施行された患者414例のうち、125例(30.2%)で persistent PSAであった。
・10年臨床的無増悪生存割合(persistent PSA vs. 検出不能):63.8% vs. 93.5%(p<0.0001)
・10年前立腺がん特異的生存割合(persistent PSA vs. 検出不能):78.5% vs. 98.3%(p<0.0001)
・10年全生存割合(persistent PSA vs. 検出不能):54% vs. 83.2%(p<0.0001)
・Persistent PSA患者群において、救済放射線治療(± ホルモン療法)が行われた患者と比較して、ホルモン療法(アンドロゲン抑制療法)単独治療で治療された患者では、前立腺がん特異的生存(HR 3.9, p=0.005)、全生存(HR 4.7, p<0.0001)が不良であった。
<結論>高リスク前立腺がんに対する根治的前立腺全摘除術施行例において、persistent PSA(PSAが検出不能域まで下がらなかった患者)では治療成績が不良であった。Persistent PSA患者群においては、ホルモン療法(アンドロゲン抑制療法)単独治療と比較して、救済放射線治療(± ホルモン療法)による前立腺がん特異的生存や全生存の改善が認められた。


<< 前立腺がん>救済放射線治療>Persistent PSA