子宮癌肉腫>術後放射線治療>データベース解析

 

子宮癌肉腫>術後放射線治療>データベース解析


Squires BS, et al. Int J Clin Oncol. 2021. PMID: 34427803

・子宮癌肉腫に対する手術、化学療法後への放射線治療の追加が全生存へ与える影響
・米国SEER(Surveillance, Epidemiology, and End Results)解析
・背景:子宮癌肉腫(UCS, uterine carcinosarcoma)は手術後の再発リスクが高く、通常全ての病期において術後にアジュバント化学療法が行われる。
・子宮癌肉腫に対するアジュバント化学療法へ放射線治療を追加することによるベネフィットは不明。
・子宮癌肉腫に対する外科的手術および化学療法へ放射線治療を追加することにより全生存を改善するかをSEERデータベースの解析を行った。
・方法:SEER 18 Custom Data registriesから子宮癌肉腫患者を抽出した。
・I-III期子宮癌肉腫に対し外科的手術、化学療法、(± 放射線治療)が行われた患者を解析した。
・IPTW(inverse probability of treatment weighting)を用いた傾向スコアマッチング解析を行った。
・Conditional landmark analysisを行い、immortal time biasを最小限とした。
・結果:1988-2016年、1541例にたいし外科的手術および化学療法が行われており、54%に対し放射線治療が施行されていた。
・単変量解析において、放射線治療による全生存期間(中央値)(41ヶ月 vs. 87ヶ月)、5年全生存率(43% vs. 55%)(HR 0.65, 95% CI 0.56-0.77, p<0.001)の改善効果が認められた。
・IPTWによる調整後、放射線治療による全生存期間(中央値)(46ヶ月 vs. 65ヶ月)、5年全生存率(46% vs. 53%)の改善効果が認められた(HR 0.74, 95% CI 0.63-0.87, p<0.001)。
・多変量解析および conditional landmark analysis、いずれにおいても、放射線治療を追加することによるベネフィットが確認された。
<結論>I-III期子宮癌肉腫に対する外科的手術および化学療法施行例において、放射線治療の追加による全生存の改善効果が認められた。子宮癌肉腫に対する放射線治療によるベネフィットの確認のためにさらなる前向きのデータでの評価が必要。


<< 子宮癌肉腫>術後放射線治療