直腸がん>術前化学放射線療法>短期照射

 

直腸がん>術前化学放射線療法>短期照射


Doi H, et al. Cancers (Basel). 2021. PMID: 34439265

・局所進行直腸がんに対する修正を加えたネオアジュバント短期放射線療法(Neoadjuvant modified short-course radiotherapy)
・後ろ向き研究、日本
・目的:修正を加えた術前短期放射線治療(mSC-RT, neoadjuvant modified short-course radiotherapy)の臨床成績および予後因子を評価すること。
・対象と方法:修正を加えた術前短期放射線療法後に根治手術が行われた97例を後ろ向きに解析した。
・修正を加えた術前短期放射線療法:1回 2.5 Gy、1日2回照射、25Gy/10回。
・放射線治療期間中、95例(97.9%)の患者に対しては、経口投与による化学療法が併用されていた。
・放射線治療6週後(3-13週)に根治的手術が施行されていた。
・生存例の経過観察期間(中央値)43ヶ月(8-86ヶ月)
・全例が術前放射線治療を完遂し、急性期にGrade 3+毒性の発生を認めなかった。
・局所制御割合:3年 96.3%、5年 96.3%。
・全生存割合:3年 92.7%、5年 79.8%。
・単変量解析にて、カペシタビンの非同時併用、CRP-アルブミン比 0.053以上、CEA 3.4 ng/mL以上、好中球-リンパ球比(NLR, neutrophil-to-lymphocyte ratio)1.83以上が不良な全生存と関連していた。
・多変量解析にて、好中球リンパ球比(NLR) 1.83以上が不良な全生存と関連していた(p=0.018)
<結論>局所進行直腸がんに対する修正を加えた術前短期放射線治療は実行可能で臨床成績は良好な様子。好中球-リンパ球比(NLR, neutrophil-to-lymphocyte ratio)高値は不良な全生存と関連していた。


<< 直腸がん>術前化学放射線療法