肛門がん>ヒトパピローマウイルス>システマティックレビュー/メタアナリシス

 

肛門がん>ヒトパピローマウイルス>システマティックレビュー/メタアナリシス


Obermueller T, et al. Eur J Cancer. 2021. PMID: 34517306

・肛門がんにおけるヒトパピローマウイルス
・メタアナリシス(individual patient data meta-analysis)
・目的:肛門扁平上皮がんにおける、予後予測因子としての高リスクヒトパピローマウイルス DNA(high-risk human papillomavirus DNA)と p16を評価した。
・対象と方法:肛門扁平上皮がんにおいて、p16単独 または 高リスクヒトパピローマウイルス DNA(hr HPV-DNA)と生存成績データとの関連性を報告した研究のシステマティックレビューを検索した。
・適格基準を満たす可能性のある研究の著者に、individual patient dataをリクエストした。
・結果:7研究、693例の肛門扁平上皮がんを解析した。
・76%の患者では p16+ / hrHPV DNA+、11%の患者では p16 および hrHPV DNA いずれもが陰性であった。
・マーカーの不一致が13%の患者で認められた。
・p16+ / hrHPV DNA+ の患者では、p16- / hrHPV DNA- の患者と比較して全生存が有意に良好であった(pooled adjusted HR 0.26, 95% CI 0.14-0.50)
・3年全生存割合: p16+ / hrHPV+ 86%(95% CI 82-90%)、p16- / hrHPV- 39%(95% CI 24-54%)
・マーカーの不一致が認められた患者ではその中間の治療成績で、3年全生存割合:p16+ / hrHPV DNA- 75%(95% CI 56-86)、p16- / hrHPV DNA+ 55%(95% CI 35-71)
<結論>今回のメタアナリシスでは、 p16- / hrHPV DNA- 腫瘍と比較して、 p16+ / hrHPV DNA+ では生存成績が有意に良好であることが示された。


<< 肛門がん>ヒトパピローマウイルス