肺がん>非小細胞肺がん>局所進行>免疫細胞

 

肺がん>非小細胞肺がん>局所進行>免疫細胞


Jin JY et al. Cancers (Basel). 2021. PMID: 34944813
・III期非小細胞肺がんに対する化学放射線療法
・免疫細胞へ照射線量と治療成績との関連性;RTOG0617試験の2次解析
・腫瘍線量、肉眼的腫瘍体積(GTV)や他の因子の調整後、EDICは全生存(HR 1.12, p=0.005)や局所無増悪生存(HR 1.09, p=0.02)と有意な関連が見られたが、無増悪生存(HR 1.05, p=0.17)との関連性は統計学的有意なものではなかった。
・EDICが<6Gyでは、2年全生存率の8%/Gyの悪化が認められ、6-8Gyでは比較的変化が少なく、>8Gyでも2年全生存率が12%/Gyの悪化
<結論>III期非小細胞肺がん患者において、免疫細胞への照射線量(EDIC)は全生存や局所無増悪生存の有意なリスク因子で、これらの結果からは循環免疫細胞が腫瘍制御に必須な要因であることが示唆


<< 肺がん>非小細胞肺がん>局所進行