肺がん>非小細胞肺がん>局所進行>放射線治療>寡分割照射>vs. 通常分割照射

 

肺がん>非小細胞肺がん>局所進行>放射線治療>寡分割照射>vs. 通常分割照射


Iyengar PS, et al. JAMA Oncol. 2021. PMID: 34383006

・全身状態不良なII期/III期非小細胞肺がん;寡分割照射 vs. 通常分割照射
・ランダム化試験、米国
・目的:同時化学放射線療法が行えないII期/III期非小細胞肺がんにおいて、従来の分割照射と比較して、画像誘導下寡分割照射により全生存を改善できるかを評価すること。
・対象と方法:第3相ランダム化試験、II/III期非小細胞肺がん、Zubrod performance statu 2以上、6ヶ月間に10%以上の体重減少を認めた、同時化学放射線療法が適さないと判断された103例を登録し、96例を解析した。
・2012年11月-2018年8月に患者を登録し、経過観察期間(中央値)は8.7ヶ月。
・治療介入:寡分割照射群(60Gy/15回)と 通常分割照射群(60Gy/30回)にランダム化した。
・主要評価項目:1年全生存割合。
・結果:103例が登録、解析された96例のうち63例(65.6%)は男性、平均年齢は71.0歳。
・寡分割照射群 50例、通常分割照射 46例。
・予定中間解析において、無益性(futility)のために試験は早期終了。
・1年全生存割合に両群間に統計学的有意差を認めなかった
・1年全生存割合:寡分割照射 37.7%、通常分割照射 44.6%(p=0.29)。
・全生存期間(中央値)、無増悪生存期間(中央値)、局所再発回避期間(中央値)、遠隔転移回避期間(中央値)および Grade 3+毒性効果に両群間に有意差を認めなかった。
<結論>同時化学放射線療法が適さないII期/III期非小細胞肺がん患者において、従来型の通常分割照射(60Gy/30回)と比較して、画像誘導下寡分割照(60Gy/15回)は優れてはいない。


Brada M et al. J Thorac Oncol. 2022. PMID: 35092841 (記事
・非小細胞肺がんに対する放射線治療;寡分割照射 vs. 通常分割照射
・年齢、病期、合併症や他の根治治療やアジュバント治療による調整後、コホート1の寡分割照射(55 Gy/20回)後の生存期間の中央値は25ヶ月、通常分割照射(60-66 Gy/30-33回)後の生存期間の中央値は29ヶ月(HR 1.16, p=0.001)
・同様に、コホート2において、寡分割照射(55 Gy/20回)後の生存期間の中央値は25ヶ月、通常分割照射(60-66 Gy/30-33回)後の生存期間の中央値は28ヶ月(HR 1.10, p=0.02)
<結論>英国にて治療が行われた非小細胞肺がん患者のビッグデータの解析結果からは、4週レジメンによる寡分割照射(55 Gy/20回)にて治療された患者と比較して、6週レジメンによる通常分割照射(60-66 Gy/30-33回)にて治療された患者の生存成績が良好であった。


<< 肺がん>非小細胞肺がん>局所進行>放射線治療>寡分割照射