肺がん>非小細胞肺がん>早期>体幹部定位放射線治療>後ろ向き研究

 

肺がん>非小細胞肺がん>早期>体幹部定位放射線治療>後ろ向き研究


Samper Ots PM, et al. Clin Transl Oncol. 2021. PMID: 34487307

・早期非小細胞肺がんに対する体幹部定位放射線治療(SBRT, stereotactic body radiotherapy)
・多施設共同後ろ向き研究、スペイン
・目的:手術不能な早期非小細胞肺がんや手術を拒否した場合、体幹部定位放射線治療(SBRT)が標準治療となっています。
・今回の研究の目的は、早期非小細胞肺がんに対する体幹部定位放射線治療の有効性と安全性を評価することです。
・対象と方法:多施設共同後ろ向き研究にて、スペイン、18施設にて治療が行われた397例(416病変)の解析を行った
・83.2%が男性であった。
・年齢(中央値)74.4歳。
・94.4%の患者は手術不能例であった。
・病理学的診断が得られていたのは54.6%でであった。
・結果:完全奏効が53.6%で得られた。
・有意な因子は標準的なCT計画(p=0.014)および 4D cone beam CT(p=0.000)であった。
・急性期 / 慢性期毒性(Grade 3+)が1.2%に認められた。
・経過観察期間(中央値)30ヶ月
・局所再発が9.6%、リンパ節転移再発が12.8%、遠隔転移再発が16.6%、新たな肺腫瘍が11.5%に認められた。
・完全奏効が局所再発(p=0.012)および遠隔転移再発(p=0.001)の予測因子であった。
・局所無再発生存割合 88.7%、全生存割合 75.7%、肺がん特異的生存割あり 92.7%、遠隔無再発生存割合 78.7%。
<結論>早期非小細胞肺がんで手術が適さない患者において、体幹部定位放射線治療は有効で忍容性の高い治療選択肢。局所制御および遠隔転移再発の重要な予測因子は完全奏効で、これはCT計画の方法、画像誘導下放射線治療の方法に依存していた。


<< 肺がん>非小細胞肺がん>早期>体幹部定位放射線治療