肺がん>非小細胞肺がん>早期>炭素イオン線治療>間質性肺疾患合併

 

肺がん>非小細胞肺がん>早期>炭素イオン線治療>間質性肺疾患合併


Okano N, et al. Cancers (Basel). 2021. PMID: 34439358

・間質性肺疾患(ILD, interstitial lung disease)合併、I期非小細胞肺がんに対する炭素イオン線治療(CIRT, carbon-ion radiotherapy)
・後ろ向き研究、日本
・I期非小細胞肺がんに対し炭素イオン線治療を行った124例の治療成績を解析した。
・26例(21%)の患者では、治療前に画像的な間質性肺疾患が認められた。
・呼吸器内科医による後ろ向きのCT画像評価により、間質性肺疾患(ILD)を診断した。
・98例はILD合併なし、26例(21.0%)はILD合併ありと判定された。
・ILD合併のない患者群とILD合併のある患者群の比較において、治療前のKL-6値に有意差が認められた。
・ILD合併のない患者では、3年全生存割合 83.%、3年疾患特定期生存割合 90.7%。
・ILD合併のある患者では、3年全生存割合:59.7%、3年疾患特異的生存割合 59.7%。
・放射線肺臓炎(Grade 2+):ILD合併なし 3例(3.0%)、ILD合併あり 2例(7.6%)(p=0.29)。
・ILD合併群において、急性増悪は認められなかった。
<結論>I期非小細胞肺がんに対する炭素イオン線治療(CIRT)は、間質性肺疾患(ILD)の合併のない患者 および ILDの合併のある患者、いずれにおいても安全に施行可能であった。I期非小細胞肺がんで、ILDを合併している患者では予後が不良であった。


<< 肺がん>非小細胞肺がん>早期>炭素イオン線治療