胆管がん>体幹部定位放射線治療

 

胆管がん>体幹部定位放射線治療


vs. 通常分割照射


Baak R, et al. Cancers (Basel). 2021. PMID: 34439146

・外科的切除不能肝門部胆管がんに対する化学療法後の体幹部定位放射線治療(SBRT, stereotactic body radiation therapy)
・第1相試験、STRONG trial
・背景:外科的切除不能肝門部胆管がんに対する標準治療は緩和的化学療法。
・今回、化学療法後に体幹部定位放射線治療(SBRT)を追加することの実行可能性と安全性を評価した。
・方法:対象:外科的切除不能肝門部胆管がん、T1-4N0-1M0、ECOG 0-1、シスプラチン/ゲムシタビンによる化学療法 6-8サイクルを完遂後、病勢増悪のない患者。
・体幹部定位放射線治療:15分割照射、1回線量 3.0-4.5Gy。
・主要評価項目:実行可能性(予定通りの体幹部定位放射線治療の完遂、と定義)、毒性(体幹部定位放射線治療後3ヶ月間、CTCAE v4.03を用いて評価)
・通常の3+3 designを用いて、サンプルサイズは6例。
・線量制限毒性(DLT, dose-limiting toxicity)をGrade 4+ 肝毒性/胆道毒性 または Grade 3+消化管毒性と定義した。
・副次評価項目:局所制御、無増悪生存、全生存、生活の質(QOL, quality of life)
・結果:2017年11月-2020年3月に6例が登録された。
・予定通りに体幹部定位放射線治療が施行された。
・全例60Gy(4.0Gy x 15回)の照射が行われた。
・体幹部定位放射線治療に関連して線量制限毒性の発生は観察されなかった。
・主なGrade 3+毒性は、胆管炎(5例)
・経過観察期間(中央値)14ヶ月
・12ヶ月局所制御率:80%
・実質的なQoLの変化は観察されなかった。
<結論>外科的切除不能肝門部胆管がんで、緩和的化学療法後に病勢が落ち着いている患者に対する体幹部定位放射線治療(SBRT)を追加することは実行可能で安全。観察された局所制御からは、さらなる有効性の検討が望まれる。


<< 胆管がん