胆管がん>肝外胆管がん>術後(化学)放射線療法>後ろ向き研究

 

胆管がん>肝外胆管がん>術後(化学)放射線療法>後ろ向き研究


Kim K, et al. Eur J Cancer. 2021. PMID: 34474218

・肝外胆管がんに対するアジュバント(術後)放射線治療
・遡及的多施設共同研究、韓国、KROG 18-14
・目的:肝外胆管がんに対する根治手術後のアジュバント(術後)放射線治療の役割を評価すること。
・方法:2000年1月-2015年12月、韓国、14施設にて肝外胆管がんに対し根治手術が施行された1,475例を解析した。
・959例に対してはアジュバント(術後)放射線治療が行われておらず(非照射群)、516例に対しては術後放射線治療(± 化学療法)が行われていた(照射群)
・結果:年齢(中央値):67歳。
・リンパ節転移が482例(32.7%)に認められ、293例(19.9%)で外科的切除断端陽性であった。
・照射群では、近位胆管がん、進行期、リンパ節転移陽性、神経周囲浸潤陽性、切除断端陽性例が多かった(all p<0.001)
・経過観察期間(中オア歌い)36ヶ月
・211例に局所再発、307例に遠隔転移再発、322例に局所領域再発および遠隔転移再発が認められた。
・多変量解析において、年齢、腫瘍局在、分化度、pT分類、pN分類、神経周囲浸潤、切除断端とともに、アジュバント(術後)放射線治療は有意に全生存と関連していた(HR 0.74, p<0.001)
・照射群と放射線治療単独群、同時化学放射線療法群、同時化学放射線療法+アジュバント化学療法群に分けた場合、同時化学放射線療法+アジュバント化学療法でベネフィットが最も大きかった(HR 0.52, 95% CI 0.41-0.68)
<結論>肝外胆管がんに対する外科的切除後、アジュバント(術後)放射線治療と化学療法の併用が行われた患者で生存成績の改善が認められた。


<< 胆管がん>肝外胆管がん>術後(化学)放射線療法