胆管がん>肝門部胆管がん>体幹部定位放射線治療

 

胆管がん>肝門部胆管がん>体幹部定位放射線治療


Baak R, et al. Cancers (Basel). 2021. PMID: 34439146

・切除不能肝門部胆管がんに対する体幹部定位放射線治療(SBRT, stereotactic body radiation therapy)
・第1相試験、STRONG trial、オランダ
・目的:肝門部胆管がんに対する化学療法後の体幹部定位放射線治療(SBRT)の追加の実行可能性と安全性を評価した。
・対象と方法:切除不能肝門部胆管がん、T1-T4N0-N1M0、ECOG PS 0-1、6-8サイクルのシスプラチン/ゲムシタビン療法施行後、病勢増悪のない患者を適格とした。
・体幹部定位放射線治療:1回線量 3-4.5 Gy、15回
・主要評価項目:実行可能性(体幹部定位放射線治療の予定通りの完遂と定義)および 毒性(体幹部定位放射線治療後3ヶ月間、CTCAE v4.03を用いて評価)
・線量制限毒性(DLT, dose-limiting toxicity)は Grade 4+の肝毒性 または Grade 3+消化管毒性と定義。
・副次評価項目:局所制御、無増悪生存、全生存、生活の質(QOL)
・結果:2017年11月-2020年3月、6例の患者が登録された。
・体幹部定位放射線治療は予定通りに施行された。
・全例60 Gy(1回 4.0 Gy X 15回)の照射が行われた。
・体幹部定位放射線治療に関連した線量制限毒性(DLT)は観察されなかった。
・主なGrade 3+毒性は胆管炎(5例)
・経過観察期間(中央値)14ヶ月。
・12ヶ月局所制御割合:80%。
・QOLにおいて重要な変化は観察されなかった。
<結論>切除不能肝門部胆管がんで、化学療法後に安定している患者に対し体幹部定位放射線治療を追加することは実行可能で安全であった。局所制御の結果からはさらなる追加研究の価値がある様子。


<< 胆管がん>肝門部胆管がん