脳転移>乳がん>後ろ向き研究

 

脳転移>乳がん>後ろ向き研究


Gao YK, et al. Oncologist. 2021. PMID: 34506676

・乳がん、症候性/無症候性脳転移の治療法と治療成績
・後ろ向き研究、カナダ
・目的:定位放射線治療 / 定位手術的照射(SRS, stereotactic radiosurgery)が行われるようになった時代の乳がん脳転移に対する治療法と治療成績を評価すること。
・対象と方法:2008-2018年、18歳以上、遠隔転移を有する乳がん、脳転移に対し外科的手術、全脳照射(WBRT, whole brain radiotherapy)、定位手術的照射(SRS, stereotactic radiosurgery)が行われた女性を後ろ向きに解析した。
・他の悪性疾患の既往のある患者や脳転移の診断時期が不確かな患者は除外した。
・結果:適格患者683例のうち、153例(22.4%)はトリプルネガティブ乳がん、188例(27.5%)はHER2陽性、246例(36.0%)はホルモン受容体陽性 / HER2陰性乳がん、61例(13.3%)はサブタイプ不明であった。
・大半の患者に対しては初期治療として全脳照射(459例, 67.2%)または 定位手術的照射(126例, 18.4%)が行われた。
・脳転移の無増悪生存期間(中央値)4.1ヶ月(IQR 1.0-9.6ヶ月)
・全生存期間(中央値)5.1ヶ月(IQR 2.0-11.7ヶ月)
・高齢(>60歳)、脳転移の診断時の神経症状の存在、全脳照射による初期治療、HER2陰性サブタイプが不良な全生存と関連していた。
<結論>定位手術的照射が行われるようになった時代においても乳がん脳転移の予後は依然として不良であった。早期に脳転移を検出する戦略の確立、中枢神経系にも有効な全身療法のさらなる研究が必要。


<< 脳転移>乳がん