食道がん>化学放射線療法>I期

 

食道がん>化学放射線療法>I期


照射線量


Suwa T, et al. Clin Transl Radiat Oncol. 2021. PMID: 34430719

・内視鏡的切除不能I期食道扁平上皮がんに対する化学放射線療法による臓器温存療法
・後ろ向き研究、日本
・目的:内視鏡的切除不能I期胸部食道扁平上皮がんに対する集学的治療による食道温存療法の長期成績を評価すること。
・対象と方法:1992-2005年に治療が行われたI期胸部食道扁平上皮がん患者を後ろ向きにレビューした。
・治療プロトコール:ネオアジュバント同時化学放射線療法を行い、中間評価にて奏効例(good responder)に対しては化学放射線療法を追加、中等度の奏効 / 奏効不良例に対しては外科的手術を施行した。
・結果:合計51例を解析した。
・年齢(中央値)は67歳であった。
・経過観察期間(中央値)124.8ヶ月。
・ネオアジュバント化学放射線療法後の中間評価後、49例に対し化学放射線療法が継続され、2例に対し外科的手術が施行されていた。
・5年成績:全生存割合 78.9%、無病生存割合 53.5%、食道がんに伴う死亡割合 10.5%、食道機能消失割合 20.4%。
・10年生存:全生存割合 55.2%、無病生存割合 27.8%、食道がんに伴う死亡割合 18.2%、食道機能消失割合 22.9%。
・晩期Grade 3毒性:食道狭窄 1例、食道潰瘍 1例、心膜炎 2例。
・Grade 4+毒性は観察されなかった。
<結論>内視鏡的切除不能I期胸部食道扁平上皮がんに対する食道温存療法の長期生存成績は良好で毒性は許容可能なものであった。今回の研究結果からは、内視鏡的切除不能で手術可能なI期胸部食道扁平上皮がん患者において、同時化学放射線療法が大半の患者で代替治療となりうる可能性が示唆された。


<< 食道がん>化学放射線療法