食道がん>高齢者>予後因子

 

食道がん>高齢者>予後因子


Takahashi N, et al. Esophagus. 2021. PMID: 34476633

・高齢者(80歳以上)の食道がんに対する根治的(化学)放射線療法
・後ろ向き研究、日本
・目的:高齢者(80歳以上)の食道がん患者に対する(化学)放射線療法施行例における全生存および無増悪生存の予後因子を同定すること。
・方法:2004-2015年、80歳以上の食道がんに対し放射線治療を施行した患者を後ろ向きにレビューした。
・治療前の年齢、性別、全身状態、合併症(Charlson comorbidity index score)、腫瘍の局在、組織型、臨床病期、血液検査結果、治療法が全生存や無増悪生存へ与える影響を評価した。
・結果:92例を解析した。
・35例に対して化学放射線療法が行われていた。
・経過観察期間(中央値)19.0ヶ月
・3年全生存割合:44.7%、3年無増悪生存割合:28.4%
・多変量解析において、臨床病期(HR 2.28, p=0.001)、理想体重比(GNRI, geriatric nutritional risk index)(HR 0.95, p<0.001)が全生存の有意な予後因子であった。
・臨床病期(HR 2.06, p=0.001)、腫瘍局在(HR 2.04, p<0.0019、GNRI(HR 0.96, p=0.003)が無増悪生存の有意な予後因子であった。
<結論>高齢者(80歳以上)の食道がんに対する(化学)放射線療法施行例において、臨床病期と理想体重比(GNRI, geriatric nutritional risk index)が全生存および無増悪生存の有意な予後因子であった。腫瘍局在は無増悪生存の有意な予後因子であった。これらの予後因子が、高齢者の食道がん患者の意思決定に有効かもしれない。


<< 食道がん>高齢者