食道胃接合部がん>術前化学放射線療法>vs. 術後化学放射線療法

 

食道胃接合部がん>術前化学放射線療法>vs. 術後化学放射線療法


Kim DW, et al. Ann Surg Oncol. 2021. PMID: 34480285

・胃がん / 食道胃接合部がんに対するネオアジュバント(術前)化学放射線療法 vs. アジュバント(術後)化学放射線療法
・後ろ向き研究、米国
・背景:限局性の胃がんに対する化学放射線療法の適切な施行タイミングは不明です。
・今回の研究の目的は、胃がん / 食道胃接合部がんに対する術前に化学放射線療法が施行された患者と術後に化学放射線療法が施行された患者の生存成績を比較することです。
・方法:2005年-2017年の期間に、胃がんに対し術前化学放射線療法 / 術後化学放射線療法が行われた152例(胃がん 42%、食道胃接合部がん 58%)を後ろ向きに解析した。
・主要評価項目:全生存(OS, overall survival)
・結果:経過観察期間(中央値)37.5ヶ月
・術前化学放射線療法が102例(67%)、術後化学放射線療法が50例(33%)に対して施行されていた。
・術前化学放射線療法が施行された患者では、男性、食道胃接合部がん、リンパ節転移、進行臨床病期の患者が多かった。
・照射線量(中央値)は、術前化学放射線療法 50.4 Gy、術後化学放射線療法 45.0 Gy(p<0.001)
・術前化学放射線療法群の病理学的完全奏効割合(pCR, pathologic complete response)は26%で、術後化学放射線療法と比較して、術前化学放射線療法群でR0切除割合が高かった(95% vs. 76%, p=0.002)
・術後化学放射線療法と比較して、術前化学放射線療法群でGrade 3+毒性の発生率が低かった(10% vs. 54%, p<0.001)。
・全生存の多変量解析において、術後化学放射線療法と比較して、術前化学放射線療法と良好な全生存と関連していた(HR 0.57, 95% CI 0.36-0.91, p=0.020)
・R0切除と良好な全生存との有意な関連も認められた(HR 0.50, 95% CI 0.27-0.90, p=0.021)
<結論>胃がん / 食道胃接合部がんにおいて、術後化学放射線療法と比較して、術前化学放射線療法後のR0切除率が高く、全生存が良好であった。胃がん / 食道胃接合部がんに対する化学放射線療法では、術後と比較して術前に行うことが望ましい可能性が示唆される。


<< 食道胃接合部がん>術前化学放射線療法