骨転移>再照射>体幹部定位放射線治療>有害事象>神経根障害

 

骨転移>再照射>体幹部定位放射線治療>有害事象>神経根障害


Ito K et al. Jpn J Clin Oncol. 2022. PMID: 35462409 (記事

・2018年7月-2020年12月の期間に、同じ脊椎レベルに対し2回目の救済体幹部定位放射線治療を施行した患者のデータを遡及的にレビュー。
・1回目の処方線量は24Gy/2回、2回目の救済体幹部定位放射線治療では30Gy/5回 または 35Gy/5回を処方。
・17例、19病変の評価を行った。
・初回から2回目の体幹部定位放射線治療までの期間の中央値は23ヶ月(範囲:6-52ヶ月)であった。
・経過観察期間の中央値は19ヶ月。
・有害事象:放射線脊髄炎 0例(0%)、神経根障害 4例(21%)、椎体圧迫骨折 2例(11%)であった。
・神経根障害をきたした3例では、上肢または下肢のほぼ完全麻痺に至った。


<< 骨転移>再照射>体幹部定位放射線治療>有害事象