【GROINSS-V II】「センチネルリンパ節微小転移陽性外陰がん」 放射線治療 vs. 鼠径大腿部リンパ節郭清

GROINSS-V II. Oonk MHM, et al. J Clin Oncol. 2021. PMID: 34432481
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34432481/

・センチネルリンパ節転移陽性 外陰がん;放射線治療 vs. 鼠径大腿リンパ節郭清
・多施設共同第2相試験;GROINSS-V II(Groningen International Study on Sentinel nodes in Vulvar cancer, GROINSS-V);センチネルリンパ節転移陽性の外陰がん患者で、鼠経部に対する放射線治療は、鼠経大腿リンパ節郭清の大腿治療となるかを評価

<対象>
・早期外陰がん(<4 cm)、画像検査にて彰かなリンパ節転移なし、手術治療(局所切除+センチネルリンパ節生検)施行例
・センチネルリンパ節転移陽性例に対し、鼠径大腿部に放射線治療(50 Gy)を施行
・Primary endpoint: 24か月孤立性鼠径部再発率

<結果>
・2005年12月-2016年10月、適格患者 1535例を集積
・センチネルリンパ節転移が322例(21.0%)に認められた
・2010年、91例のセンチネル里奈p説患者が組み入れられ、予め設定した閾値より孤立性鼠径部再発率が高く、ストッピング・ルール(停止規則)が有効となった
・孤立性鼠径部再発例10例のうち9例は、2 mmを超える macrometastases および/あるいは 節外浸潤陽性であった
・プロトコールの修正が行われ、2 mmを超えるmacrometastasesでは標準治療(鼠径大腿リンパ節郭清)を行い、2 mm以下の微小転移(micrometastases)では鼠径大腿部に対し放射線治療を行うこととした
・センチネルリンパ節に微小転移陽性 160例のうち、126例に対し鼠径大腿領域へ放射線治療が行われ、2年孤立性同側鼠径部再発率は1.6%であった
・センチネルリンパ節にmacrometastasesが認められた162例のうち、2年孤立性鼠径部再発立は、放射線治療施行例で22%、鼠径大腿リンパ節郭清例で6.9%であった(p=0.11)
・鼠径大腿リンパ節郭清と比較して、鼠径大腿部に対する放射線治療後の治療関連合併症の頻度は低かった

<結論>
・早期外陰がん術後、センチネルリンパ節に微小転移が認められる患者では、鼠径大腿部に対する放射線治療は、安全に鼠経大腿リンパ節郭清の代替治療となり、合併症は最小限のものであった;センチネルリンパ節に>2 mmのmacrometastasesが認められた場合には、鼠径大腿リンパ節郭清と比較して、同部に対する放射線治療(50 Gy)後の孤立性の鼠径部再発率が高かった

LEAVE A COMMENT