「遠隔転移を有する腎細胞がん」 「少数進行病変」に対する「体幹部定位放射線治療」

Cheung P, et al. Eur Urol. 2021. PMID: 34399998
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34399998/

・遠隔転移を有する腎細胞がん患者;チロシンキナーゼ阻害剤投与中の少数増悪病変に対する体幹部定位放射線治療
・第2相試験、カナダ

<目的>
・遠隔転移を有する腎細胞がん患者で、チロシンキナーゼ阻害剤による治療中に少数増悪が認められた患者に対する体幹部定位放射線治療後の局所制御、無増悪生存、全身療法の変更割合、全生存を評価すること。

<対象と方法>
・多施設共同前向き研究により、遠隔転移を有する腎細胞がんの少数増悪病変に対する体幹部定位放射線治療を評価した。
・対象:遠隔転移を有する腎細胞がんで、チロシンキナーゼ阻害剤により3ヶ月以上安定または奏効した患者で、少数(5個以下)の遠隔転移が増悪した患者。
・37例(57病変)が登録された。
・治療介入:少数増悪病変に対し体幹部定位放射線治療を施行し、その後、体幹部定位放射線治療前と同じチロシンキナーゼ阻害剤を継続した。

<結果>
・試験登録までのチロシンキナーゼ投与期間(中央値)18.6ヶ月。
・体幹部定位放射線治療が行われた病変の1年局所制御割合:93%(95% CI 71-98)
・体幹部定位放射線治療後の無増悪生存期間(中央値):9.3ヶ月(95% CI 7.5-15.7)
・全身療法の1年累積全身療法変更割合:47%(95% CI 32-68)
・全身療法変更までの期間(中央値):12.6ヶ月(95% CI 9.6-17.4)
・1年全生存割合:92%(95% CI 82-100)
・体幹部定位放射線治療に関連したGrade 3-5毒性の発生は認められなかった。

<結論>
・遠隔転移を有する腎細胞がんにおいて、チロシンキナーゼ阻害剤治療中の少数増悪病変に対する体幹部定位放射線治療後の局所制御率は高く、全身療法の変更を必要とするまでの期間を1年以上遅延することが可能であった

<関連>
腎細胞がん>進行期>体幹部定位放射線治療>少数進行病変

LEAVE A COMMENT