頭頸部がんに対する放射線治療;予後不良因子としての放射線性リンパ球減少症

  リンパ球減少, 頭頸部がん

Dai D et al. Radiother Oncol. 2022. PMID: 35017020
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/35017020/

・頭頸部がん患者における放射線治療に伴うリンパ球減少が予後へ与える影響
・システマティックレビュー/メタアナリシス


<目的>
・頭頸部がん(HNC, head and neck cancer)において、放射線治療は鍵となる治療法の1つである。
・放射線治療に伴うリンパ球減少(RIL, radiation induced lymphopenia)は放射線治療の重篤な合併症の1つである。
・今回の研究の目的は、頭頸部がん患者において、放射線治療に伴うリンパ球減少(RIL)が予後へ与える影響を評価することである。

<方法>
・PRISMA guidelineに基づき、システマティックレビューとメタ解析を行った。
・2007年-2021年10月、PubMed、Embase、Cochrane Libraryに報告された研究を同定した。
・それぞれの研究の質をNOS(Newcastle-Ottawa Quality Assessment Form for Cohort Studies)を用いて評価した。

<結果>
・最終的に、8研究、2733例を組み入れ解析を行った。
・グレード3/4の放射線性リンパ球減少(RIL)発生のオッズ比は 13.49(95% CI 7.03, I2=94%)であった。
・グレード3/4の放射線性リンパ球減少の発生率は73-88%であった。
・Multivariate meta-analysisにおいて、放射線性リンパ球減少と不良な全生存との関連性が認められた(HR 2.94, 95% CI 1.83-4.74, I2=0%)。
・放射線性リンパ球減少(RIL)と不良な遠隔無再発生存との関連も認められた(HR 3.79, 95% CI 2.06-6.97, I2=0%)。
・Sensitivity analysisを行い、不均質性の原因となっている可能性のある研究を除外した後のpooled multivariate meta-analysisにおいて、放射線性リンパ球減少(RIL)は不良な無増悪生存のリスク因子であった(HR 3.16, 95% CI 1.77-5.63, I2=0%)

<結論>
・頭頸部がん患者において、高度の/重篤な放射線治療に伴うリンパ球減少は全生存や無増悪生存の予後不良因子であった。
・大規模な前向き試験により頭頸部がん患者における重篤な放射線性リンパ球減少と予後との関連性を評価する必要がある。


LEAVE A COMMENT