非浸潤性乳がんのサブタイプによる臨床的特徴や予後の違い

  乳がん

Yang L et al. Breast. 2022. PMID: 35462343
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/35462343/

・非浸潤性乳管がんのサブタイプによる予後の違い


<背景>
・非浸潤性乳管がん(DCIS, ductal carcinoma in situ)に対する腫瘤摘出術後(lumpectomy)後の患者における、サブタイプによる臨床的特徴や予後の違いを解析することを目的として研究を行った。

<方法>
・2010-2017年、SEER(Surveillance, Epidemiology, and End Results)データベースを用いて、非浸潤性乳管がん(DCIS)患者を同定した。
・ホルモン受容体(HR, hormone receptor)とHER2(human epidermal growth factor receptor-2)の発現状況を基に、HR-HER-, HR-HER+, HR+HER-, HR+HER+の4群に分けて解析を行った。
・サブタイプ間で臨床的特徴や予後を比較した。
・各サブタイプにおける放射線治療(RT, radiotherapy)の予後への影響も評価した。

<結果>
・合計で5,628例の非浸潤性乳管がん(DCIS)患者を後ろ向きに登録した。
・HR-HER- 299例(5.3%)、HR-HER2+ 498例(8.8%)、HR+HER2+ 1,086例(19.3%)、HR+HER2- 3,745例(66.5%)であった。
・HR+HER2-の患者では小さいサイズの腫瘍が多く(72.6%, p<0.001)、低グレードの腫瘍が多かった(23.5%, p<0.001)。
・HR-HER2-(24.4%, p<0.001)やHR-HER2+(24.3%, p<0.001)では、コメド壊死(comedo necrosis)を伴うことが多かった。
・短変量解析において、HR+HER2-と比較して、HR-HER2+では同側乳房イベント(IBE, ipsilateral breast event)の発生が多くみられた(p=0.010)。
・HR+HER2+と比較して、HR-HER2-では疾患特異的死亡率が高かった(p=0.021)。
・高リスクのDCIS患者において、放射線治療による5年同側乳房イベントの発生の減少効果は、HR-HER2- 1.3%、HR-HER2+ 0.7%、HR+HER2+ 1.9%、HR+HER2- 2.6%であった。

<結論>
・非浸潤性乳管がん(DCIS)患者では、サブタイプにより臨床的特徴や予後が異なる。

LEAVE A COMMENT