オリゴ転移(少数転移)>大腸がん>局所制御

 

オリゴ転移(少数転移)>大腸がん>局所制御


Benson KRK, et al. Am J Clin Oncol. 2021. PMID: 34534143

・大腸がん、オリゴ転移(少数転移)に対する体幹部定位放射線治療(SABR, stereotactic ablative radiotherapy)
・目的:大腸がん、オリゴ転移(少数転移)に対する体幹部定位放射線治療後の局所再発とその予測因子を評価すること。
・対象と方法:2001-2016年、脳、肝臓、脊椎、肺へのオリゴ転移に対し体幹部定位歩車線治療を施行した患者を後ろ向きにレビューした。
・結果:130例、256病変を解析した。
・治療が行われた病変のうち、脳転移(50%)、肝転移(20%)、脊椎転移(19%)、肺転移(11%)
・肉眼的腫瘍体積(中央値):肝転移 24 mL、脳転移 2mL、脊椎転移 4mL、肺転移 1mL。
・累積局所再発割合:1年 21.6%、2年 28.2%、3年 31.5%。
・局所再発は肝転移で最も多く、ついて脊椎転移、脳転移、肺転移であった。
・右半結腸からの転移では局所再発リスクが高かった(HR 2.23, p=0.0146)
・BED10 >70 Gy(p=0.0009)、体幹部定位放射線治療前の化学療法歴(p=0.018)も局所再発の有意な予測因子であった。
<結論>大腸がんのオリゴ転移 / 少数転移に対する体幹部定位放射線治療施行例において、右半結腸からの転移では有意に局所再発率が高かった。他の部位への転移と比較して、肝転移では局所再発率が高かった。肝転移や右半結腸からの転移ではより治療強度の高い治療を行うことによるベネフィットが存在する可能性がある。


<< オリゴ転移(少数転移)>大腸がん