乳がん>乳房温存術後放射線治療>加速乳房部分照射>浸潤性小葉がん

 

乳がん>乳房温存術後放射線治療>加速乳房部分照射>浸潤性小葉がん


Mills MN, et al. Oncologist. 2021. PMID: 34516030

・乳がんに対する小線源治療による加速乳房部分照射(APBI, accelerated partial breast irradiation)において、浸潤性小葉がんでは同側乳房腫瘍再発リスクが高い。
・後ろ向き研究、米国
・対象と方法:単施設、遡及的研究。
・2003-2008年、浸潤性乳がんに対し、乳房温存手術後に小線源治療による加速乳房部分照射(APBI)を施行した946例を解析した。
・Kaplan-Meier法を用いて、全生存、乳がん特異的生存、無再発生存、同側乳房内腫瘍再発(IBTR, ipsilateral breast tumor recurrence)を評価した。
・結果:経過観察期間(中央値)60.2ヶ月
・年齢(中央値)68歳(46-94歳)。
・大半の患者(94%)はエストロゲン受容体陽性であった。
・浸潤性乳管がん 821例(87%)、浸潤性小葉がん 68例(7%)。
・5年全生存割合 93%、5年乳がん特異的生存割合 99%、5年無再発生存割合 90%、5年同側乳房内再発割合 1.5%。
・単変量解析にて、浸潤性小葉がん(HR 4.6, p=0.008)、リンパ節の評価を行っていないこと(HR 6.9, p=0.1)が同側乳房内腫瘍再発のリスク因子であった。
・10年同側乳房内再発割合は、浸潤性乳管がん 2.5%、浸潤性小葉がん 14%。
・ABS(American Brachytherapy Society)や ASTRO(American Society of Radiation Oncology)クライテリアにより、同側乳房内腫瘍再発を予測することはできなかった。GEC-ESTRO(Européende Curiethérapie European SocieTy for Radiotherapy & Oncology)の中リスクでは、低リスクや高リスク群と比較して、同側乳房内腫瘍再発が多かった(p=0.04)
・いずれのクライテリアを用いた場合でも、無再発生存を予測することはできなかった。
<結論>浸潤性乳がんに対する加速乳房部分照射(APBI)は有効な治療であることが示された。前向きの評価が必要であるが、現在のクライテリアに関しては再考する必要がある。浸潤性小葉がんに対する加速乳房部分照射(APBI)の施行に関しては注意が必要。


<< 乳がん>乳房温存術後放射線治療>加速乳房部分照射