前立腺がん>救済放射線治療>骨盤照射

 

前立腺がん>救済放射線治療>骨盤照射


【SPPORT trial, NRG Oncology/RTOG 0534】 Pollack AZ, et al. Lancet. 2022. PMID: 35569466記事

・前立腺がん術後、PSA再発/生化学的再発に対する救済放射線治療、前立腺床に対する照射へのアンドロゲン抑制療法(ADT, androgen deprivation therapy)や骨盤リンパ節領域への照射の追加、SPPORT試験、NRG Oncology/RTOG 0534、NCT00567580・適格基準:18歳以上で、前立腺腺がんに対する前立腺全摘除術後、PSAが下がりきらなかった場合(persistently detectable PSA)または、検出不能となった後にPSA値が0.1-2.0 ng/mLとなった患者。
・適格患者を、前立腺のみへの照射群(64.8-70.2 Gy/36-39回)単独群(PBRT単独群)、前立腺床への照射に短期アンドロゲン抑制療法(ADT)を併用する群(PBRT+ADT群)、前立腺床への照射に短期アンドロゲン抑制療法(ADT)と骨盤リンパ節照射(PLNRT)(骨盤照射 45 Gy/25回後、前立腺床へ19.8-25.2 Gy/11-14回)を併用する群(PBRT+ADT+PLNRT群)にランダム化した。
・中間解析時点(1,191例;2018年5月23日にデータカットオフ)、PBRT+ADT+PLNRT群と比較して、PBRT群の5年増悪回避率が不良であった(差異 17.9%, SE 2.9%; p<0.001)。
・5年増悪回避生存率は、PBRT群 70.9%(95% CI 67.0-74.9%)、PBRT+ADT群 81.3%(78.0-84.6%)、PBRT+ADT+PLNRT群 87.4%(84.7-90.2%)。
・放射線治療後3ヶ月以内(急性期)のグレード2以上の有害イベントの発生率は、前立腺床照射+アンドロゲン抑制療法+骨盤部リンパ節照射(PBRT+ADT+PLNRT)に多く認められた(44%)(PBRT単独群 18% [p<0.0001]、PBRT+ADT群 36% [p=0.0034])
・同様にグレード3以上の有害イベントも前立腺床照射+アンドロゲン抑制療法+骨盤部リンパ節照射群(PBRT+ADT+PLNRT群)に多く認められた。
・晩期毒性(放射線治療後>3ヶ月)として、グレード2以上の血液/骨髄イベントの発生が、前立腺床照射+アンドロゲン抑制療法(PBRT+ADT)と比較して、前立腺床照射+アンドロゲン抑制療法+骨盤リンパ節照射(PBRT+ADT+PLNRT群)に多く認められた(one-sided p=0.0060)。
<結論>今回のランダム化試験結果から、前立腺がんに対する前立腺全摘除術後、persistent PSA / PSA再発に対する救済治療において、前立腺床に対する救済照射へ短期アンドロゲン抑制療法と骨盤リンパ節照射を追加することにより、増悪リスクを低減できることが示唆された。


<< 前立腺がん>救済放射線治療