前立腺がん>高リスク>vs. 手術>データベース解析

 

前立腺がん>高リスク>vs. 手術>データベース解析


Chierigo F, et al. J Urol. 2021. PMID: 34555930

・高リスク前立腺がんに対する前立腺全摘除術と放射線治療後の生存成績
・米国SEER(Surveillance, Epidemiology, and End Results)データベース解析
・目的:NCCN(National Cancer Network)高リスク前立腺がんの根治的前立腺全摘除術後と放射線治療後の前立腺がんに伴う死亡 / がん特異的死亡(CSM, cancer specific mortality)を比較すること。
・Johns Hopkins Universityの高リスク群(JHR)と超高リスク群(JVHR)のサブグループに関しても評価を行った。
・対象と方法:SEER database(2010-2016年)において、NCCN 高リスク前立腺がん患者 24,407例を同定した。
・これらのうち、Johns Hopkins University リスク分類では、10,300例(42%)が高リスク(JHR)、14,107例(58%)が超高リスク(JVHR)であった。
・全体で、9,823例(40%)に対して前立腺全摘除術が、14,584例(60%)に対し放射線治療(外照射)が施行されていた。
・結果:NCCN高リスク前立腺がんにおいて、5年前立腺がん特異的死亡割合は、前立腺全摘除術 2.3%、放射線治療 4.1%であった(multivariate HR 0.68, 95% CI 0.54-0.86, p<0.001)。
・JVHR群において、5年前立腺がん特異的死亡割合は、前立腺全摘除術 3.5%、放射線治療 6.0%であった(multivariate HR 0.58, 95% CI 0.44-0.77, p<0.001)
・JHR群では、5年前立腺がん特異的生存割合は、両群間に有意差を認めなかった(multivariated HR 0.7, 95% CI 0.39-1.25, p=0.2)
<結論>前立腺がん、NCCN高リスク患者において、放射線治療と比較して、根治的前立腺全摘除術後の5年前立腺がん特異的死亡率が低かった。


<< 前立腺がん>高リスク>vs. 手術