子宮頸がん>術後(化学)放射線療法>強度変調放射線治療>vs. 3次元原体照射

 

子宮頸がん>術後(化学)放射線療法>強度変調放射線治療>vs. 3次元原体照射


【PARCER】 Chopra S, et al. J Clin Oncol. 2021. PMID: 34506246 (記事

・子宮頸がんに対する術後放射線治療;画像誘導下強度変調放射線治療(IG-IMRT, image-guided intensity-modulated radiotherapy)vs. 従来の放射線治療
・ランダム化試験、インド、PARCER
・目的:Postoperative Adjuvant Radiation in Cervical Cancer (PARCER)は、第3相ランダム化試験で、子宮頸がんに対する術後放射線治療例において、画像誘導下強度変調放射線治療(IG-IMRT)と3次元原体照射(3D-CRT, three-dimensional conformal radiation therapy)後の晩期毒性を比較した。
・方法:子宮摘出術のタイプ、同時化学療法の有無による層別化を行い、画像誘導下強度変調放射線治療群と3次元原体照射群にランダム化した。
・主要評価項目:CTCAE v3.0評価による3年晩期消化管毒性(Grade 2+)
・副次評価項目:急性期毒性、QOL(health-related quality of life)、骨盤内無再発生存、無病生存、全生存。
・結果:2011-2019年、300例がランダム化された(画像誘導強度変調放射線治療 151例、3次元原体照射 149例)
・経過観察期間(中央値)46ヶ月(IQR 20-72ヶ月)
・3年累積晩期消化管毒性(Grade 2+):画像誘導強度変調放射線治療群 21.1%、3次元原体照射群 42.4%(ハザード比 0.46, 95% CI 0.29-0.73, p<0.001)
・累積晩期毒性(any Grade 2+)発生割合:画像誘導強度変調放射線治療群 28.1%、3次元原体照射群 48.9%(HR 0.50, 95% CI 0.33-0.76, p<0.001)
・3次元原体照射と比較して、画像誘導強度変調放射線治療で治療された患者で、下痢が少なく(p=0.04)、食欲が良好で(p=0.008)、消化管症状が少なかった(p=0.002)
・3年骨盤内無再発生存割合:画像誘導下強度変調放射線治療 81.8%、3次元原体照射 84%(HR 1.17, 95% CI 0.68-1.99, p=0.55)
・3年無病生存割合:画像誘導下強度変調放射線治療 76.9%、3次元原体照射 81.2%(HR 1.03, 95% CI 0.62-1.71, p=0.89)
<結論>子宮頸がんに対するアジュバント(術後)放射線治療において、従来の3次元原体照射と比較して、画像誘導下強度変調放射線治療により毒性の低減され、治療成績には明らかな差異は認められなかった。


<< 子宮頸がん>術後(化学)放射線療法>強度変調放射線治療